小野総合法律事務所では、質の高い法的サービスを、いつでも迅速に、またリーズナブルな価格で提供しております

小野総合法律事務所

民法総則についての改正

 

1.民法総則の改正

 

 

 

 

  今回の民法改正は一般に債権法の改正と呼ばれていますが、改正されたのは民法典の第三編債権だけでなく、第一編総則についても複数の重要な改正が行われています。そのうち実務面に最も重大な影響を及ぼすであろうと思われるものが別稿で横田弁護士が論じている時効に関する改正ですが、それ以外の総則に関する主な改正を紹介します。

 

 

 

 

 

2.意思能力を有しない者の法律行為が無効であることを明記

 

 

 

 

(1)改正民法3条の2は、法律行為の当事者が意思表示をした時に意思能力を有しなかったときは、その法律行為は無効であると規定しています。現行民法下でも意思能力を有しない者の法律行為は無効であると解されているのですが、現行民法は、そのことは当然であるとして明文の規定は置いていませんでした。改正民法は現行民法下での確定した解釈を明文で規定したものであり、今回の改正によっても実質的な変更はありません。

 

  

  ただし、改正民法でも、意思能力の具体的な意味を定めた定義規定は置かれていません。これについては、自己の行う行為の法的な意味―そのような行為をすればどうなるのか―を理解する能力などと説明するのが一般的であり、7歳ないし10歳程度の知的判断能力が一応の目安とされています。

 

 

 

 

(2)また、現行民法には明文の規定はありませんが、意思表示が到達したといえるためには意思表示の受領者が意思能力を有している必要があると解されています。この点、改正民法98条の2本文は、意思表示の相手方がその意思表示を受けた時に意思能力を有しなかったときは、その意思表示をもってその相手方に対抗できないと明文で規定しました。「意思表示をもって対抗できない」とは、意思表示が到達したことひいてはその意思表示の到達によって発生するはずの法律効果(契約の解除、期限の利益の喪失、相殺等)を相手方に主張できないという意味です。ただし、相手方の法定代理人または意思能力を回復した相手方本人が意思表示を知った後は、意思表示を対抗できます(改正民法98条の2ただし書き)。

 

 

  したがって、たとえば、重度の認知症等によって意思能力を有していない者に対し期限の利益の喪失通知を送付しても、理論上は期限の利益は喪失されません。厳密さを求めるのであれば、成年後見人の選任を得たうえで成年後見人に対し期限の利益の喪失通知を送付する必要があります(なお、このことは現行民法下でも同じですが、改正民法によって明文で明確になりました)。ただし、意思表示を受領させるためだけに成年後見人の選任を求めることは現実的ではなく、実務的には悩ましいところです。

 

 

 

 

 

3.要素の錯誤は無効原因ではなく取消原因に

 

 

 

 

(1)現行民法では、法律行為の要素に錯誤がある意思表示は無効とされていますが、改正民法では、要素の錯誤による意思表示は無効ではなく取り消すことができることに変更されました(改正民法95条1項)。無効な行為は初めから効力を生じないのとは異なり、取り消しうる行為は取り消されるまでは一応有効であり、取消によって初めから無効であったものとみなされます(この点は今回の改正によっても変更はありません)。したがって、改正民法の下では、契約の相手方に要素の錯誤がある(と判断される)場合でも、相手方から契約を取り消されるまでは、契約は有効であるとして取り扱えばよいことになります。

 

 

 

 

(2)要素の錯誤が無効原因から取消原因へと変更されたことによって生じる重要な違いは、無効の主張は期間制限がなく、理論上はいつまでも主張が可能であるのに対し、取消権は、追認ができる時から5年、行為の時から20年が経過したときは時効によって消滅する点です。錯誤の場合、「追認ができる時」とは、錯誤によって意思表示を行った本人またはその代理人が錯誤に気が付いた時です。現行民法下では、10年以上も前の契約について錯誤による無効が主張される事例も珍しくありませんでしたが、改正民法下では、締結時点から何年も経過した契約の錯誤による取消が主張されることはまれになると予想されます。
 

 

 

(代表社員 弁護士 近 藤   基)

更新日2018.5.15


【皆さんの運動解消不足の手段はなんでしょうか】


デスクワークの多い社会人によくある悩みとして,運動不足をどのように解消するかという問題があると思う。

 

 

 


私の場合,運動不足の解消手段は専らテニスであり,現在も近所のテニススクールに通い,週に2コマ(80分×2)テニスに勤しんでいる。もっとも,参加する2コマ(正規レッスン)の時間帯は決まっており,仕事の都合や用事などの理由又はイベント開催などスクール側の事情で,正規レッスンに出られないことも多い。その場合には,インターネット上で欠席申請し,振替制度を利用して,他クラスのレッスンに参加することになるのだが,この振替制度が最近の悩みの種である。

 

 

 


というのも,大抵の振替制度がそうだと思うが,振替制度には有効期間があり,有効期間を過ぎると失効してしまうのだ。しかも複雑なのが,振替制度の有効期間は欠席理由により異なり,自己都合の場合には翌クール(だいたい2か月くらい)まであるのに対し,スクール側の事情だと翌々クール(だいたい4か月くらい)と失効までの期間が異なっているのである。

 

 

 


用事などが重なり欠席が続くと,振替レッスンが10コマを超えたりする。貧乏性の私は振替レッスンが失効してしまうのはもったいないので,なんとかすべての振替レッスンを消化しようとするのだが,この計算が以外に面倒である。

 

「振替レッスンのうち,2コマは来週に有効期間が到来するので,次回の正規レッスン後に続けて振替レッスンを入れて消化し,1コマはその翌週に有効期間がくるので,来週の平日のどこかで消化しよう・・・そのほかは・・・」といった感じであり,段々と気持ちは多重債務者のそれになってくる。

 

 

 


あるとき,テニスのコーチと談笑しているときに上記事情を伝えたところ,テニスコーチは笑いながら,このような話をしてきた。

 

「振替レッスンの有効期間が近づいてきた場合,失効を避けるための裏技があります。それは,正規レッスンを欠席申請して,振替レッスン扱いで正規レッスンに参加すればいいんです」

 

 

 


・・・完全に多重債務者のそれであった。問題を引き伸ばしして,振替レッスンは一向に減らないのである。

 

 

 


レッスン回数を減らせば問題は解消するのだが,それだと運動不足が解消できないので悩ましい。悩む日々は続きそうである。

 

 

(メタボ対策)

更新日2018.4.19
 


小田急電鉄

 

報道等でご存知の方も多いと思いますが,2018年3月17日に小田急線のダイヤが大幅に改正されました。これは,狛江地区(和泉多摩川駅から喜多見駅間),世田谷地区(喜多見駅から世田谷代田駅間),下北沢地区(世田谷代田駅から東北沢駅間)と分けて進められてきた複々線化事業のうち,完成していなかった下北沢地区が地下式で複々線化され,それに合わせて改正されたものです。これにより,ラッシュ時の大幅な混雑緩和と時間短縮が期待できるとされています。

 

 

 

 

 


複々線化工事が開始されたのは,調べてみると1989年7月のことです。私は当時大学3年生。翌年の4月からは小田急線の豪徳寺駅の近隣に住むようになりました。その頃は世田谷地区の複々線化を高架式で進めようとしている小田急電鉄に対し,住民が激しく反対運動をしておりました。梅ヶ丘あたりの線路わきには,「細川さん,複々線は地下化で」という看板が出ていたのをよく覚えています。この細川さんとは当時の総理大臣の細川護熙さんのことです。懐かしいですね。

 

 

 

 

 


その後,2度ほどの転居を経て,2001年から再び小田急線沿線に住むようになりました。既に狛江地区の複々線化は完成し,ほどなく世田谷地区の複々線化も完成し,残すは下北沢地区の地下工事のみとなりました(2004年着工)。それからもずいぶんと時間がかかりましたが,2013年に地下駅が一部完成し,今年の3月にようやく全体の複々線化が完成するに至りました。

 

 

 

 

 


そして,着工時は21歳の大学生だった私も,50歳目前のおっさんになりました。着工当時は「完成なんていつのことだよ!」と思っていたのに,なんと完成しちゃいました(笑)。地道に事業を遂行して,完成にこぎつけた小田急電鉄に敬意を表したいと思います。まさに千里の道も一歩からですね。

 

 

 

 

 


さて,ウキウキしながら完成後最初の平日に新百合ヶ丘駅から快速急行に乗ってみたところ…結構混雑してるじゃないですか!(笑) 一部には「ダイヤ改悪!」などという声も聞こえてきますが,効果を感じることも多々あり,期待が大きすぎただけじゃないかなと思うわけです。長年の経過をみてきた自分としては,一大事業が完成したという感慨の方が大きくて,非難する気持ちにはどうしてもなれません。

 

 

 

(小田急線住人)

更新日2018.4.16


前の3件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

ページトップへ

小野総合法律事務所