小野総合法律事務所では、質の高い法的サービスを、いつでも迅速に、またリーズナブルな価格で提供しております

小野総合法律事務所

債権者代位権


1 債権者代位権とは

 

 

 

 

  債権者代位権とは、債務者が自らの権利を行使しないときに、債権者が(自らの債権の保全に必要な限度で)債務者に代わってその権利を行使する制度です。

 

 

  本来、権利を行使するか否かは権利者の自由ですが、たとえば権利を有するAがその行使をしないためにAの財産が減少し、これによりAが自らの債権者に対する債務の履行ができなくなるとなれば話は別で、Aの債権者の利益との調整が必要となります。

 

 

  そこで、Aの債権者には、民事執行法上、Aに対する債務名義(確定判決等)を取得した後、その強制執行としてAの権利を差し押さえ、Aに代わって権利を行使すること等により自らの債権を実現する、という選択肢が与えられています。もっとも、時間や費用等の問題により、これらの手続だけでは債権者の保護として不十分な場合もあり得ることから、現行民法は、その補完手段として、一定の要件の下で債権者代位権を認めているのです。

 

 

  改正民法は、従来の債権者代位権の要件や利害関係人との権利関係等につき、基本的には従来の判例法理に従って明確化を図るとともに、部分的に従来とは異なる規律を採用しました(以下、上記の例でAにあたる者を「債務者」、Aの債権者にあたる者を「債権者」といいます。)。

 

 

 

 

 

 

2 変更点

 

 

 

 

 (1) 行使の要件

 

 

 

  債権者代位権は、債権者の債務者に対する債権の期限が到来しない間は行使できないのが原則ですが、期限未到来の場合でも、従来、?被代位権利の保存行為(消滅時効の中断等)、?裁判上の代位、という2つの例外が認められていました。しかし、?については利用実績がほとんどなく、実務上、仮差押や仮処分といった代替手段が用いられる事例が大半であることから、改正民法は、?を廃止し、?のみを残しました(改正民法423条2項)。

 

 

 

 (2) 債務者の処分権限等

 

 

 

  従来、債権者が債務者に代わり被代位権利を行使した場合、非訟事件手続法や判例法理により、債務者の処分権限は制限されるとされていました。しかし、債務者の処分権限を奪うことまでは過剰であるという意見等を考慮して、改正民法は、債権者が被代位権利を行使した場合も、被代位権利について債務者自ら取立てその他の処分をすることは妨げられない、としました(改正民法423条の5。非訟事件手続法も同時改正。)。したがって、もし債権者が債務者による処分権限を制限したい場合には、民事保全手続(仮差押等)や強制執行手続(差押等)を利用する必要があります。

 

 

 

 (3) 訴訟を提起した場合の訴訟告知

 

 

 

  債権者が被代位権利の行使に係る訴訟を提起した場合、その結果が勝訴でも敗訴でも、判決の効力は訴訟の当事者ではない債務者に及ぶと解されていますが(民訴法115条1項2号参照)、利害関係人である債務者に訴訟告知することは債権者の義務ではなく、債務者が知らぬ間に訴訟が終結する可能性もありました。そこで、改正民法は、債務者にも訴訟に関与する機会を与えるという観点から、債権者の債務者に対する訴訟告知を義務化しました(改正民法423条の6)。

 

 

 

 

 

 

3 従来の規律の明文化

 

 

 

 

 (1) 債権者代位権は、本来的には、金銭債権を保全するための行使が想定されていましたが、判例上、非金銭債権を保全するために行使することが認められたケース(いわゆる転用型)も出てきました。そこで改正民法は、従来の判例法理により認められた転用型の最も代表的なケースとして、登記又は登録をしなければ権利の得喪及び変更を第三者に対抗することができない財産(不動産等)の譲受人は、譲渡人に対する登記(登録)請求権を保全するために、譲渡人の第三者に対する登記(登録)請求権を代位行使できる旨を例示的に明文化しました(改正民法423条の7。上記2?や?の新規律は転用型にも準用されます。)。なお、今回明文化が見送られたその他の転用型については、今後も改正民法423条1項の類推適用等により認められていくものと思われます。

 

 

 

 (2) このほか、紙幅の関係で割愛しますが、被代位権利が金銭の支払又は動産の引渡しを目的とするものであるときには、債権者は被代位権利の義務者に対し、自己に対する履行を求めることができること等、従来の判例法理が明文化されました(改正民法423条?同条の7)。

 

 

 

 

 

 

4 債権者代位権は、別稿で取り上げる詐害行為取消権と並んで、債務者の責任財産を保全する制度と位置付けられていますので、併せて制度の内容をご確認下さい。

 

 

 

(弁護士 59期 眞 鍋 洋 平)

更新日2019.10.23

 

 


解説

 

スポーツ解説者といえば、誰が一番に思い浮かぶだろうか。

 

 

 


やはり有名どころ、、、というか、インパクトでいうと増田明美さんだろうか。現在開催中のワールドカップバレーでいえば川合俊一さん、MGCや世界陸上でよく見たのは高橋尚子さん、もはや解説者ではなくキャスターになっているけれども松岡修造さんなどが有名どころだろう。

 

 

 


私が好きなサッカーで、多くの人を魅了した解説といえば、セルジオ越後さんと松木安太郎さんのダブル解説だと思う。

 

実況のアナウンサーを置いてきぼりにして始まる二人の応援、言い争いからの大人というか子供の喧嘩、そして勝利した時の二人の一体感。おじさん二人が特等席でサッカーを観戦している状態としかいえない(そして解説の仕事を実況のアナウンサーがするという役割分担)。数十年前の若かった私は、この二人は、解説をする気がないのだろうと思っていた。

 

ところが、3?4年前から松木さんの解説が変わってきた。戦術面の説明をし、選手の特徴を挙げ、ディフェンスラインやスペース、システムについても語るようになった。そして実況のアナウンサーはほぼ実況に専念し、アナウンサーと松木さんの会話がかみ合うようになっている。

 

もしや、松木さんは、(サッカーの伝道師と呼ばれるセルジオ越後さんと共に)数十年前は、あえて解説者としての能力を隠し、誰にでも伝わる直感的なコメントを多用して日本人のサッカー観戦に対するハードルを下げ、昨今、詳しく語るサッカーファンが増えたことを受け、そのニーズに応えるべく存分に解説をすることにしたのではないか。だとしたら、この人は本当に日本サッカー界のことをよく考えている凄い人に違いない。

 

1サッカーファンに過ぎない私が妄想で松木安太郎物語を作ってしまったが、解説者に着目してスポーツを楽しむのも悪くない、と思っている。

 

 

 


そういえば、私は女子サッカーも十数年前からテレビ観戦しており(あれ、、、数十年前か?)、こちらの解説にはブレがない。通常は元日本代表選手が解説者となり、人も入れ替わっているのだが、どの試合でも現在の松木さんタイプの解説をそつなくこなし、時々自分たちが代表だったころの思い出話を挟み、ラスト5分で感情が出始める(不甲斐ない試合をしていれば声が低くなるし、いい試合をしていれば明るく、そしてときには感動のあまり泣き出してしまう解説者もいる)。正直にいうと、昔の松木さんを見習って、もう少しエンターテインメント寄りの解説をしても良いのではないかと思っているが、そういう不器用なところも好ましい。

 

 

 

(にわか解説者)

更新日2019.9.30


アンパンマンという世界


  初めて目にしたのは、アンパンマンのジュースの説明書きに「アンパンマンエイジのお子様のため」と書いてあったのを見た際だと思うが、この「アンパンマンエイジ」という言葉、すごい言葉だなと感心した。おそらく意味合い的には「アンパンマンのことを好きになるくらいの年頃」ということなのであろう(1.5歳から4歳だろうか・・・)が、「およそ子供であればアンパンマンが好きになる」ことを前提にしている、アンパンマン側(?)の強烈な自信を感じた(そういう意味ではないかもしれないが)。

 

 

 


  自分の小さなころの記憶だと、まだアンパンマンのアニメというものは存在していないかったので、絵本で読んだ記憶のみであり、また、内容的にもひもじい思いをしている子供に自分の顔を食べさせるという設定の印象が強い(ばいきんまんなんかは出てこなかったように思う)。アンパンマンに頼らずとも近くのコンビニで何でも買える時代にはこの設定はあまり共感を得なくなったのか、再び目にすることとなったときには、いつの間にかばいきんまんとの対決が中心に描かれる物語となっていた。

 

 

 


  いずれにしても、アンパンマン、子供にはずっと大人気である。10年以上前、甥っ子が小さかった時もアンパンマンが大好きだったし、この年代の子はみんなアンパンマンが好きになり、その後戦隊モノだとかプリキュアだとかに派生していくのだという話は聞いたことがあったが、わが娘も2歳半を過ぎ、どっぷりアンパンマンが大好きである。

 

  こうなると、一緒にアンパンマンの絵本やアニメを見る機会が多くなるので、必然的にアンパンマンの世界にだんだん詳しくなってくるのだが、アニメを見ていて一つ気になったのが、アンパンマンが何かを食べているシーンが一切出てこないことである。他のキャラクターが食卓を囲んで何かを食べているシーンは多く出てくるし、同じようなヒーローのしょくぱんまんやカレーパンマンが何かを食べるシーンは出てくるのだが、食卓を囲む輪の中にアンパンマンが入ることはなく、たいてい傍に立って「うふふ、よかったね」と笑っているのみである。

 

 

 


  いくらその設定の協調が控えめになったとはいえ、やはり食べてもらう側が食べちゃいけないってことなのかなぁ、あんこに他のものが混じったら味が変わってしまうとか、食品偽装問題などの社会問題にも配慮しているのだろうか・・・などと勝手に解釈していたが、アンパンマンの公式ホームぺージのQ&Aに、正面から答えが載っていた。

 

  頭の中にあんこが入っていて、それがエネルギーであるため必要がない、というのが答えで、要するに「必要がないから食べない」ということらしい。

 

 

 


  ところで、このQ&A、なかなかツッコミどころが多くて面白い。

 

 

 

 
 「アンパンマンは自分で顔の交換ができますか」、という質問に対して、回答が「どうなんでしょうか?」と聞き返しちゃったり、「あかちゃんまんは男の子ですか女の子ですか」、に対しては「あかちゃんまんはあかちゃんです」と強引に回答拒否したり、「おむすびまんの顔の中には具が入ってるか」という質問には、「何が入っているのでしょう?誰もわかりません」とミステリアス感を出す回答をしながら、「てんどんまんの天丼は、なにがのっているですか」という質問に対しては「えび天が2尾です」。こっちは言い切るんかい!と思わず突っ込みたくなる内容が盛りだくさんである。

 

 

 


  こういう設定が深いのか浅いのかがよくわからないところも、また一つの魅力なのだろうと、感心した次第である。

 

 

 


  ちなみに、うちの娘にアンパンマンの中で一番好きなのは誰かと聞くと、即答で「ジャムおじさん!」と回答する(最近は「ジャム!」と呼び捨てにすらする)。

 

  確かに、ただのパン屋にとどまらず、発明家であり武器開発まで手掛けている多角化経営者だし、アンパンマンの生命線を握っているキャラクター(アンパンマンはほぼ毎回顔がつぶれたり濡れたりしてピンチに陥るところをジャムおじさんに救ってもらっている)であって、ばいきんまんはアンパンマンを狙うのではなくジャムおじさんを狙った方が効率的では?と思えるほどの人ですからね。

 

  わが子ながらなかなか見る目があるなとこれまた感心しているところである。最近ジャムおじさんが声変わりしたことには気づいていなかったみたいだけど。
 

 

 

 

(ザンパンマン)

更新日2019.9.16


前の3件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

ページトップへ

小野総合法律事務所