小野総合法律事務所では、質の高い法的サービスを、いつでも迅速に、またリーズナブルな価格で提供しております

小野総合法律事務所

債務不履行による損害賠償請求に関する民法の規定の改正


1 債務不履行による損害賠償請求とは
 

 

 

 

  「債務不履行」とは、「債務者がその債務の本旨に従った履行をしないこと」又は「債務の履行が不能であること」(履行不能)を指します。たとえば、マンションの売買契約における買主が、所定の期限に売買代金を支払わなければ、「(買主が)債務の本旨に従った履行をしない」ことになり、また、売買契約締結後にマンションが火災で焼失し、売主が買主に対してマンションを引き渡すことができなくなれば「(売主の債務の)履行不能」が生じたということになります。

 

 

  これらの債務不履行が発生した場合、債権者は、債務者に対し、これによって生じた損害の賠償を請求することができるとされています(現行民法415条、改正民法415条1項本文)。
 

 

 

 

 

 

 

2 帰責事由がなければ損害賠償請求はできない

 

 

 

 

(1)ア もっとも、債務不履行が発生した場合であっても、これについて「債務者の責めに帰すべき事由」(帰責事由)がなければ、債権者は損害賠償請求をすることができないと考えられています。

 

   イ この点について、現行民法では「(帰責事由には特に触れずに)債務者がその債務の本旨に従った履行をしないとき」又は「債務者の責めに帰すべき事由によって履行をすることができなくなったとき」(すなわち、債務者に帰責事由のある履行不能の場合)に債権者による損害賠償請求ができると規定されており(現行民法415条)、債務者の帰責事由は、履行不能の場合にのみ必要で、それ以外の債務不履行については帰責事由が不要であるかのような規定ぶりとなっていました。

 

   ウ そこで、改正民法ではこの規定を改め、履行不能に限らず債務不履行全般について、「債務の不履行が契約その他の債務の発生原因及び取引上の社会通念に照らして債務者の責めに帰することができない事由によるものであるとき」(すなわち、債務者に帰責事由がないとき)は、債権者は、債務者に対する損害賠償請求をすることができないことが明記されました(改正民法415条1項ただし書き)。

 

 

(2)ア また、改正民法は、この帰責事由に関して、「債務者がその債務について遅滞の責任を負っている間に当事者双方の責めに帰することができない事由によってその債務の履行が不能となったときは、その履行の不能は、債務者の責めに帰すべき事由によるものとみなす。」(改正民法413条の2第1項)という規定を新たに設けています。これは、古くより判例上認められてきた理論を明文化したものですが、たとえば、上記のマンションの売買の例に即して説明すると、売主が、所定の期限における買主に対するマンションの引渡しを遅滞している間に、買主及び売主に落ち度のない火災によってマンションが焼失した場合には、たとえマンションの焼失に関する何らの落ち度がなくとも、売主には マンションを引き渡す債務の履行不能について帰責事由があるとされ、買主に対して損害賠償義務を負うことになります。

 

 

   イ そして、改正民法は、新たに「債権者が債務の履行を受けることを拒み、又は受けることができない場合において、履行の提供があった時以後に当事者双方の責めに帰することができない事由によってその債務の履行が不能となったときは、その履行の不能は、債権者の責めに帰すべき事由によるものとみなす。」(改正民法413条の2第2項)とも規定しています。これも、従来の実務及び学説上認められてきた理論を明文化したものですが、上記と同様にマンションの売買の例に即して説明すると、売主が、所定の期限内に買主に対するマンションの引渡しの提供を行ったにもかかわらず買主がその受領を拒んでいる間に、買主及び売主に落ち度のない火災によってマンションが焼失した場合には、たとえマンションの焼失に関する何らの落ち度がなくとも、売主のマンションを引き渡す債務の履行不能については買主に帰責事由があるとされます。
 

 

 

 

 

 

 

3 原始的不能の場合の損害賠償請求について

 

 

 

 

  現行民法下では、契約に基づく債務が原始的不能な場合(契約締結時点において債務の履行が確定的に不可能な状態)には、この契約は無効であり、そもそも履行すべき債務が存在しないのだから債務不履行も観念できず、損害賠償請求をすることはできないという考え方も有力で、債務の原始的不能を理由とする債権者による損害賠償請求の可否については解釈が分かれていました。

 

 

  この点について、改正民法は新たに「契約に基づく債務の履行がその契約の成立の時に不能であったことは、…履行の不能によって生じた損害の賠償を請求することを妨げない。」(改正民法412条の2第2項)との規定を設け、原始的不能の場合にも債権者は損害賠償請求をしうる旨を明文化しています。

 

 

 

(弁護士 61期 小町谷 悠 介)

更新日2019.3.15
 


ついに!


  日頃のジム通いのおかげか,健康状態に問題がないこともあって,自分の年齢をあまり意識していなかったのですが,ここ最近,どうしても気になって仕方ないことがありました。

 

 

 

 

  それは,近くの文字にピントが合わないことです。いわゆる「老眼」というものです。

 

 

 

 

  もともと,近視と乱視で日頃からメガネのお世話になっているので,メガネ自体には全く抵抗はありませんが,老眼なんてまだまだ先の話だと思っていたので,大丈夫だろうと高を括っていたのです。ただ,老眼は確実に進行しており,スマートフォンの文字を読むのにかなり遠ざけないとピントが合わず,朝の混雑した通勤電車では見るスペースがなくて見るのを諦めざるを得ない,パソコンでタイピングしながら書面を見るのに,いちいち背伸びして書面を遠ざけないと見えないなど,日常生活にやや不便を感じるようになっていたのは事実でした。

 

 

 

 

  古い老眼鏡のイメージしかなかったこともあって,無意識的に老眼の事実を避けていたのですが,やはり日常生活に不便を感じるようになってきたことや,このままでは目のためにも良くないと思い,色々と調べてみると,最近はレンズの技術革新が進んだようで,遠近,中近,近々両用レンズなどの累進レンズといわれるレンズがあり,メガネを掛け替えたりすることなく,快適に過ごせるということがわかりました。累進レンズは,目の動きに合わせて凹レンズと凸レンズが組合わさったものなので,慣れが必要のようですが,日常生活の不便さが解消されるならと,試しに作ってもらうことにしました。

 

 

 

 

  作ってもらってかけてみると,快適そのもの。近くも遠くもがこんなにはっきりと見えるなんて感激です。もっと早く作っておけば良かったと思ったりして,すっかり老眼の事実を避けていたことは記憶の彼方へ飛んでいってしまいました。今後は快適に仕事が出来そうです。良かった良かった。

 

 

(中近両用レンズにしました)

更新日2019.2.18


精神的な飢え


NHK Eテレに「昆虫すごいぜ」という番組があり,カマキリの着ぐるみを着た香川照之氏が昆虫を紹介するもので,2016年から不定期に放送されています。

 

 

 

 

「昆虫すごいぜ」は,香川氏が文字通り体を張りながら,真剣勝負でターゲットとなる昆虫の採集へ挑み,少々脱線しながらも,昆虫について熱く語る番組内容であり,毎回,子供と楽しく視聴しています。

 

 

 

 

香川氏は,雑誌インタビューの中で,昆虫観察から得られるものとして,「飢えていることの大切さ」を説いています。例えば,カマキリは,自然界において,力強く,俊敏・獰猛に獲物の昆虫を捕食し,それが魅力的であるものの,飼育下に置いてしまうと,十分な餌を与えられることから,そのような姿が見られなくなってしまうようです。つまり,常に飢えているからこそ美しいのであって,満たされ過ぎてしまうと醜くなってしまう,これを昆虫から人間に置き換えると,「精神的な飢え」をもつことが重要であるというものです。

 

 

 

 

これまでの自分の業務を振り返ると,弁護士登録してから3年目程度までは,常に新しい事件・案件の連続であり,とにかく目の前の案件の業務処理をこなした結果,知識やノウハウ等を蓄えていきましたが,その後,これまでの経験を基に事件処理を行うことが増えた結果,弁護士登録3年目までのような「精神的な飢え」は鳴りを潜めてしまったようにも思われます。

 

 

 

 

昨今,弁護士業界についても,AIによってその大部分を代替することができるようになるのではないかと言われており,新しい法律分野であるのか,これまでに経験したことのない業態・業界に関するものなのか,あるいは,法律や業務分野などの形式的なものではなく,AIによって代替しようがない人間力を磨くことなのか未だ自分自身でも結論は出ていませんが,日々の案件をこなしつつも,新しい業務開拓に繋げ,且つ,代替性のないオーダーメイドな業務を提供する視点・姿勢を忘れずに業務に勤しんで参りたいと思います。

 

 

 

(生物係)

2019.2.18


前の3件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページトップへ

小野総合法律事務所