小野総合法律事務所では、質の高い法的サービスを、いつでも迅速に、またリーズナブルな価格で提供しております

小野総合法律事務所

労働審判制度について


1 制度の概要について

 

 

 

 

  労働審判制度とは,労働者と使用者との間の労働関係についての紛争を,原則として3回以内の審判期日で,迅速に解決するための制度として,平成18年4月に導入された比較的新しい制度で,裁判官である労働審判官1名と,労働関係についての専門的知識を有する労働審判員2名が労働審判委員会を組織して審理にあたります。

 

 

 

 

 

 

2 労働審判の審理について

 

 

 

 

  労働審判の申立てがあると,裁判所は相手方に申立書及び証拠書類等を送付し,第1回期日前の提出期限までに答弁書を提出するよう求めます。この手続が上記のようないわば「短期決戦」的なものなので,各当事者は第1回期日までに迅速かつ周到に主張立証を準備しないといけません(労働審判規則では,第2回期日までに主張立証を終えることとなっていますが,現実には第1回期日における主張立証で労働審判委員会が心証を形成し,直ちに調停の試みがなされるのが一般的であり,事実上第1回期日が主張立証の期限といえます。)。

 

 

 

  以上に述べた制度の特質から,審理に時間を要する複雑困難な事案(例えば,職場における安全配慮義務違反による損害賠償請求事案など)については労働審判には適していませんし,当事者の解決に向けた意向が硬直的な場合(例えば,解雇事案について,労働者側が復職以外の選択肢を認めないような場合)も労働審判には向かないとされています。このような場合には,労働審判法第24条に基づく手続終了がなされる場合もあります。

 

 

 

  第1回期日においては,当事者が提出した書面に基づいて,労働審判委員会から口頭で質問をする方法で審理が行われます。この際に,代理人弁護士だけが出頭していると十分な受け答えができず,不利な心証を持たれるおそれがあります。したがって,労働者側は本人が,使用者側は事情をよく知る会社の担当者などが同行することが必須となります。実際,労働審判委員会からの質問は主に労働者本人や会社の担当者に対してなされます(それに対して代理人が口をはさんだりすると,「依頼者に話させると不利なことが出てしまうからではないか」との心証を労働審判委員会に持たれかねません。)。

 

 

 

  また,上記のように第1回期日において調停に向けた話合いが行われることも多いので,解決案についても十分に検討した上で臨む必要があります。労働審判においては,申立ての約7割は調停が成立して終了するようです。なお,調停における解決金について,裁判所内での「基準」のようなものはないとのことですが,訴訟におけるそれよりも金額的に低い傾向にはあるようです。

 

 

 

  調停が成立しない場合には労働審判が下されます。それに対し不服がある当事者は,審判の告知を受けてから2週間以内に異議を申し立てることができ,その場合は通常訴訟に移行することになります。なお,労働審判の3割以上が異議を述べられず確定するようです。

 

 

 

 

 

 

3 解雇,残業代請求についての留意事項について

 

 

 

 

  労働審判は解雇や残業代の請求に関して申し立てられる場合が多いので,留意すべき点を,紙幅の都合もあるので簡潔に述べておきます。

 

 

 

  解雇に関しては,労働者の能力不足や協調性欠如を理由として解雇をする場合に多くの紛争が生じます。使用者側が主張する解雇事由が,解雇を正当とするほどの重大性があるのかも問題となりますが,その点がクリアできたとして,証拠により認定できるかが大きなハードルとなります。その意味で,使用者側としては,(1)解雇に至るプロセスを経ること,かつ(2)そのことを証拠化しておくこと(能力不足や協調性不足を示す事象が生じた場合に,適時に書面で注意を行ったり,始末書の提出を命じたりするほか,就業規則に基づく処分を経るなどしておくこと)が非常に重要となります。口頭での注意などは労働審判においてはそれほど重視されない傾向があります。

 

 

 

  残業代請求については,使用者側から「彼は残業と称して会社にいても,居眠りしたり,たばこを吸っていたりで仕事はほとんどしていない」などという主張をよく聞きます。しかし,タイムカードにより会社にいることが明確な場合に,残業時間に該当することを争うことは事実上困難です。また,固定残業代の定めをしている会社も多いとは思いますが,その固定残業代が有効となる要件として,基本給と明確に区分されて就業規則に定められているか(明確区分性)が問題となるほか,固定残業代の比率が高すぎる場合などには,一定の制限がなされることがあることに留意する必要があるといえます。

 

 

 

  そして,なによりも,労働問題が生じたり,生じそうになった場合には,早めに弁護士に相談し,その後の対応を誤らないようにすることが肝要です。

 

 

 

(パートナー 弁護士 湯 尻 淳 也)

更新日2018.9.17

 

 

 


克服し難きもの

 

  夏野菜の代表格としてキュウリがありますが,私はキュウリが苦手です。年を重ねるにつれて昔苦手だったものが食べられるようになる中キュウリだけは例外で,未だに全く食べることができません。

 

 

 

 

 


  嫌いなものを聞かれたときにキュウリと答えると多くの場合驚かれます。中には「キュウリとか味しないじゃん」などと言って嘲笑する方もいますが,私の中でキュウリはくせの強さでパクチーをも上回る存在です。

 

 

 

 

 


  キュウリのどこが嫌いなのかといった質問もよくされますが,味が嫌いとしか答えようがありません。キュウリ嫌いと言うと,青臭いものが食べられない幼稚な味覚の持ち主だと思われるかもしれませんが,青臭いものが嫌いなわけではありません。ピーマン,ゴーヤ等は好物であり,好んで食べます。おいしい,まずいと感じる基準は他の方とさほど違わないと思われるのに,キュウリに関してこれほど意見を異にするのは不思議です。

 

 

 

 

 


  キュウリは不意打ち的に現れることもよくあり,しばしば私を困惑させます。先日もある中華料理店に行き,15分ほど並んで入店した後にチャーハンを注文したのですが,ようやく出てきたチャーハンに何とキュウリが入っており呆然としました(ズッキーニであってくれとの私の願いは届きませんでした。)。チャーハンにキュウリを入れることによって何かポジティブな効果が生まれるでしょうか(個人的意見です。)。

 

 

 

 

 


  以上キュウリについて否定的な見解を述べさせていただきましたが,もちろんキュウリには何の罪もなく,この年になって添えられたキュウリだけを残すのはみっともないので,できればキュウリを克服したいと思っています。ただ,残念ながら体の拒否反応を見るとキュウリに怯える日々は当分続きそうです。

 

 

 

(I.T)

更新日2018.8.16


<夏、色々>

 

(1) 甲子園

 

 

  10年ぶりに母校が夏の甲子園(全国高校野球選手権大会)に出場した。その10年前(2008年)に夏の甲子園生観戦を体験してから2013年まで、通算5回(理由は覚えていないが2012年は観戦せず)夏の甲子園を観戦している。ふと思い、この雑記帳の自分の過去記事(2004年から書いていて今回で18本目)を見ていたら、やはり、2009年と2010年に甲子園のネタをテーマにしていた。2009年の記事で甲子園観戦の感想を書いていて、その中で「甲子園は意外と暑くない」などと滔々と述べていた。

 

 

  ちなみに、2013年の観戦中に熱中症になり、それ以降甲子園には行っていない。ましてや今年のこの猛暑の中、いくら母校が出ているからといってさすがに応援に行く気にはなれなかった・・・。後から見ると恥ずかしくなるので、偉そうなことは書かないようにしよう。
 

 

 

 

 

 

(2) 猛暑

 

 

  ということで猛暑である。30℃と33℃と35℃超えの違いが体感でわかるようになったり、朝から30℃近くあるのに「今日は30℃以下で涼しいな」と感じてしまったりと、恐ろしい限りである。これも過去を遡ると、雑記帳の記事にはしていないが、備忘録のようなものの中で2010年は「とにかく暑い」と記載してあった。確かに、今年の猛暑関連のニュースでは2010年以来というフレーズを何回か目にした。が、暑さ・寒さの記憶というのは残りにくいのか、記憶としてはあまり残っていない。ただ、その2010年の夏、90歳台の大先輩とお話しさせていただいた際に聞いたセリフだけはよく覚えている。
 

 

 

 

「今年も暑いけど、終戦の年の夏はもっと暑かったよ」

 

 

 

 

 


(3) 部活動

 

 

  私の中では夏といえばナイター競馬。近時、当事務所の非公認部活動団体「おうま部」が結成された。単に、10人程度でナイター競馬に行ってワイワイするだけの部だが、この手のギャンブル系の趣味はライトファンが少なく、自分のようにどっぷり浸かるか全く経験がない人のどちらかに分かれがちである。案の定、当事務所のメンバーは自分以外全員馬券初心者。部長(私)からの指令で、馬券の種類くらいは勉強してくるようにと指示すると、ここはさすが真面目な当事務所のメンバー。初心者用のウェブサイトでキッチリお勉強済みで、「三連複とは」みたいなページをプリントアウトして競馬場で広げている姿はなかなかシュールだった。取ったり取られたり、初心者メンバーがビギナーズラックを発動して楽しんでいる中、いい所見せようと無理な大穴狙いをし過ぎて、部長の私だけが「カスリもぜず」凹んでいたというのも、ありがちなお話し。

 

 

<部長>

更新日2018.8.15


前の3件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページトップへ

小野総合法律事務所