小野総合法律事務所では、質の高い法的サービスを、いつでも迅速に、またリーズナブルな価格で提供しております
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介

小野総合法律事務所所在地:〒100-0006東京都千代田区有楽町1丁目7番1号有楽町電気ビル北館16階,電話番号:03-3218-1211

小野総合法律事務所

事務所紹介

あらゆる場面で顧客満足度の向上を目指して

弁護士業務を「組織的」に行います。

新しい法律・法制度の創設や権利意識の向上から、企業はもとより個人の皆様にとっても、法的紛争に巻き込まれることは例外的なことではなくなってきまし た。このような現状に適切に対処するためには,進化し複雑化する法律実務に精通していることはもちろん、幅広い教養を有し、相手方、裁判所など関係者との 高度な交渉能力・折衝能力を備えた弁護士が必要となります。しかし、そのような知識や技量を、個々の弁護士が個々のキャリアだけで培い、かつ維持すること はなかなか難しいことではないかと考えます。
そこで、当事務所では、複数の弁護士が、「組織」として有機的に結合して活動することにより、この克服を図ってきました。
すなわち、経験・知識の共有化を進めて普遍的な法的知識の習得を充実させていくとともに、同種事件を、特定の弁護士に集中して担当させることや教育機会の 充実を図ることにより専門化を促進し、全ての弁護士が、優れた法的ゼネラリストであると同時に、専門的知識を兼ね備えた弁護士へと成長することを目指して います。さらに、世代や経歴の異なる多くの人間が所属する「組織体」に帰属し、その一員としての自覚を持って執務することを通じて、社会人としての教養 や、健全な常識も身につけた人材となりうるものと考えています。また、事件処理の場面でも,ノウハウの共有と補完を積極的に図り、個々の弁護士の能力が最 大限に活用される体制をとっております。
このようにすることで、複数の弁護士が共同して事務所に所属することのメリットを最大限に生かすことができ、企業法務案件であれ、個人事件であれ、質の高い法的サービスを、いつでも迅速に、またリーズナブルな価格で皆様に提供することが可能になると考えています。


「理論」と「実務」の調和したアドバイスを創造し、それを実践していきます。

弁護士に相談したが、学説や判例の説明をされただけで、結局何をどうしたらよいのかよくわからないままに終わってしまったというお話もよく耳にするところです。
当事務所は訴訟案件や交渉による紛争解決案件を数多く経験してまいりました。その経験をもとに、机上の議論や教科書の焼き直しのような説明ではなく、紛争の実態に即した具体的かつ現実的なアドバイスを提供し、かつその実現のために行動します。また、知識と経験を駆使して、よりよい解決を目指します。「前例がない」等の壁に阻まれた場合でも、その突破を目指して、あらゆる可能性を探ります。
さらに、今後は予防法学的視点もますます重要になると考えられますが、豊富な紛争解決の経験に基づき、将来の紛争予防を見据えた的確なアドバイスや、紛争の初期段階での有効適切なアドバイスを行います。


土曜・日曜・休日も交代制で弁護士が執務する等、
お客様の利便性の向上を追求します。

土曜日・日曜日や休日でも交代で複数の弁護士が執務しています(12月31日、1月1日、2日、3日は除きます。)ので、これらの日にも、弁護士にご相談をいただくことが可能です。
お打ち合わせの日時等のご都合にも可能な限り対応します。遅い時間であっても対応可能ですので、お勤め帰り等の時間帯のご相談も遠慮なくお申し出下さい。
私どもは、お客様の種々のニーズにより良く応えることを目指しています。


お客様とのコミュニケーションを大切にします。

「弁護士から事件処理についての報告が無い。」
「弁護士の説明は難しくて理解できない。」
「依頼者である自分の意向や考えを十分に理解してくれているのかわからない。」
「弁護士は敷居が高くて相談しづらい。」・・・。私どもは、お客様とのコミュニケーションを大切にし、このような事態の生ずることのないように努めます。


事務所全体としてノウハウの共有・蓄積を図る

毎週月曜日の夕方に、具体的な事件を題材とする検討会を実施しています。
これにより衆知を集めて多角的に事件を検討し、当該事件についてベストな解決手段を見出すことはもちろん、ノウハウの交換や討論による弁護士のレベルアップを図っています。
また、各弁護士が専門分野を持つことに努めており、専門知識を生かせる事案であれば他の弁護士の担当事件へも積極的に関与することによって、いつでも必要に応じて個々の弁護士の専門能力を利用できる体制としています。
さらにベテラン・中堅の主任弁護士が、担当事件の処理に若手の弁護士を積極的に関与させることで、経験と知識の承継を図るとともに、若い発想と最新の法的情報の融合を図ることを心がけています。


全ての顧問先・全ての事件は事務所全体で受任する

全ての顧問先・全ての事件は事務所全体で受任することとし、原則として個々の弁護士の個人の顧問先・クライアントとはしておりません。
したがってご相談内容に応じて最適任の弁護士によるサービスの提供を可能としています。
また、個々の事件を責任を持って担当する主任弁護士、顧問先ごとの担当の弁護士は指定しますが、担当弁護士に支障があっても必ず他の弁護士が対応しますので「いつ電話しても弁護士がいない」という事態は起こりません。
さらに各弁護士の事件負担を調整することにより、事件処理の遅滞等が生ずることを防止しています。


「原点」によって立つ確かな事件処理

紛争の解決に「要領のよいやり方」や「楽な道」はありません。
事実を丹念に追い、文献や判例を調べ、また常識的な感覚に照らして、理論的にも実質的にも妥当な結論に至るかを検証すること、この作業をどれだけ丹念にまた多角的に行えるか、それだけです。
一見「古めかしい」方法に見えますが、それが、私どもの仕事の「原点」であり「王道」であると考えています。
当事務所は「派手な宣伝」も「口当たりの良い約束」もいたしません。
「確実」に、そして「丁寧」に業務を進めます。


わかりやすい説明

弁護士に相談すること自体に不安を持つ必要はありません。
一般の皆さんが法律の世界の言葉や考え方に縁遠いのはむしろ自然なことです。
私どもは、法律の世界と皆さんの「通訳」となり、わかり易く説明をいたします。
もちろん費用についても事前にご説明をいたします。
疑問点や心配なことがあれば、どうぞ遠慮なくご質問ください


永続性のあるお付き合い

弁護士法人であることから所属弁護士の異動に影響されない、永続的・継続的・安定的な法的サービスを、確実に提供させていただきます。


オーダーメイドの対応

企業には各社それぞれの個性があります。
事象に対する見方や解決の方針等,各社さまざまです。
私どもは企業それぞれの「個性」と「風土」に応じた対応を心がけると同時に、現状に満足することなくさらに進化した「法務対応」の実現のための協力を惜しみません。


いろいろなタイプの弁護士

弁護士にもいろいろなタイプがあります。
理論派、実務派、人情派、調整型、猛進型…。
事案と依頼者の志向にあった弁護士が対応することが可能です。


信頼にたる人材

新たに入所した弁護士には約1年間先輩弁護士が教育担当として就くほか、2年目以降も事件処理を通じ先輩弁護士が適宜指導を継続することで、法律家としての能力はもちろん、経済人・社会人としてのバランスの取れた価値観をもつ弁護士を輩出していきます。

 

  


個人情報の取扱いについて

当事務所は,以下のとおり個人情報を取り扱うものとします。

1.当事務所は,個人情報を以下の目的で利用します。
   ・弁護士業務
   ・当事務所の刊行物,挨拶状等の送付
   ・弁護士及び職員の採用選考,採用手続上の連絡,採用後の人事管理
   ・その他,当事務所の業務の適切かつ円滑な遂行
2.当事務所は,当事務所の保有する個人情報について,ご本人から以下の請求があった場合には,

  個人情報の保護に関する法律に従い対応します。詳しくは「3」の窓口までご連絡ください。
   ・利用目的の通知
   ・開示
   ・訂正,追加又は削除
   ・利用の停止又は消去
   ・第三者への提供の停止
3.「2」のご請求その他当事務所による個人情報の取扱いに関するご意見,苦情等のお申出は,

  当事務所の代表電話番号(03ー3218ー1211)までご連絡ください。


ページトップへ

小野総合法律事務所